えっ!?ウソだろ?っと思うかもしれませんが、

「口臭がするのは歯磨きができていないから」

この常識と思う考え方・・・

実は間違えです

その理由は下記の口臭発生のメカニズムと関係しています。

歯磨きだけでは汚れも細菌も完璧にケアできない

上記の通り、口臭の発生を防ぐためには

  • ① 口内細菌の繁殖を防ぐ
  • ② 細菌のエサを減らす(口内を清潔に保つ)

この2つが重要。

しかし、歯磨きでの清掃だけでは歯の汚れ(エサ)を除去しかできません。

  • 舌など歯以外の汚れの除去
  • 口内細菌に対して直接抑制する効果

はありません。

さらに残念なことに歯磨きだけの清掃では歯垢(食べかすの中で増殖した細菌)の除去率は約60%程度

※ 日歯保存誌 48272を参照

歯磨きだけでは歯の汚れすら、完璧に落とせてないのです。

歯磨き+その他ケアで細菌・汚れを徹底ケアが重要

万全な口臭ケアを目指すなら、歯磨き+その他のケアが必要

特に下記の3点を意識することが大切です。

① 舌磨きで舌苔の除去

② 歯間ブラシやデンタルフロスでの隙間汚れの除去

使用の理想は1日3回のケアですが、実践するのは中々難しいでしょう

食べカスは24時間で歯垢に変わり始めますので、1日1回最後の歯磨きの時に一緒にケアするといいでしょう。

③ 唾液の分泌量を上げる

唾液には抗菌作用があり、口内細菌の繁殖を抑制してくれます。

唾液の分泌量は年を重ねるごとに減少するだけでなく、ストレスや睡眠不足、アルコールの摂取などの影響でも減少します。

そのためには

  • アルコールの摂取を控える
  • ストレスを溜めない
  • 規則正しい生活リズム

など健康的な生活を送ることが大切です。

また、食事に関しては梅干しやレモンなどすっぱい食べ物が唾液の分泌量を増やすと言われています。

すべてのケアを実践するのは現実的ではない。

上記の3つのポイントを意識すれば

口内を清潔に保ち、細菌が繁殖しにくいため、口臭の発生を防ぐことができます

ただ・・・

  • 舌磨き
  • 歯間ブラシやデンタルフロスでの隙間汚れの除去
  • バランスが取れた食事(すっぱい食材の摂取)
  • 規則正しい生活リズム
  • アルコールの摂取を控える
  • ストレスを溜めない

を毎日継続行うのは現実的に困難でしょう。

そこで最近では手軽に舌苔の除去と口内細菌を抑制ができる「ブレッシュプラス」っという商品も出ています

使い方は舌の上で飴玉のように舐めるだけ。

手軽にできる口臭ケアとして話題となっています。

毎日、家に出るとき舐めながら通勤しています

そう話してくれたのはブレッシュプラス愛用者のA部長(46歳)

営業部の部長として、毎日忙しい日々を送っており、仕事の関係上、飲み会も頻繁で生活リズムも崩れがち

そんな中手軽にケアできるブレッシュプラスはとても重宝しているとのこと。

「舐めるとグレープフルーツ香りがさわやかで、口の中がスッキリ!

スッキリ感の持続も長いし、息がリフレッシュするのが実感できていいですね!」

今は毎日、家に出るとき舐めながら通勤していますよ

っと嬉しそうに語ってくれたのが印象的でした。

A部長以外にも・・・

Uさん(仮名)Uさん(仮名)

会社で部下に叱責をしている時の、何だか嫌そうな顔が気になりました。

それも一度じゃなかったので、もしかして口臭?と思って色々試しましたが、一番良いような気がしています。

このまま飲み続けようと思います。

Mさん(仮名)Mさん(仮名)

娘を持つ父親です。私の口臭や体臭がクサい!娘と嫁からも指摘が。

ガッカリしていましたが、ある日帰宅すると嫁からブレッシュを貰いました。

飲み始めて一ヶ月半頃から、娘が嫌がらなくなりました!本当に辛かったので、ブレッシに凄く感謝しています!

など、喜びの声が多数届いています。

そんなブレッシュプラスですが、初回はお試しで通常価格の約90%OFFで買えます。

※ このキャンペーン 定員に達し次第、予告なく終了することがあるので、ご注意ください

最後に・・・

口臭は他人から指摘されにくく、自分では気づけないもの。

ブレッシュプラスは私が知る限り、一番手軽で簡単に口内細菌と舌のケアが同時にケアできる商品です

ただ、しっかりケアできるなら、正直どんな方法でも良いと思います。

この記事をきっかけに、今の口臭ケアを見直すきっかけになれば幸いです

ページの先頭へ